カーテンの洗濯は初夏・初秋に!

カーテンの洗濯はどの程度の頻度でおこなっていますか?
自宅で洗えるタイプのカーテンは、脱水後、そのままカーテンレールにかけて干し、窓を開けて風都市をよくし短時間で乾かすと、ひだの型崩れを防ぐことができます。
ただ、これを年末の大掃除で行うとなかなか乾きません。
そこで、カーテンの洗濯は、初夏または初秋に行うことをおすすめします。
よく開けることのある窓は、春の風に乗って花粉などが付着し、汚れが気になります。
これを、冷房で部屋を締め切ってしまう夏本番前に洗濯することで、日差しと、窓を開けて心地よい風を得られるので乾かす環境としても適しています。
また、これと同じ理由で、窓を開けて風通し良くすることが気持ちいい季節、初秋の洗濯もおすすめです。
カーテンは、よほど過酷な状況下で使用していない限り、年に2回程度の洗濯でも十分です。
洗濯が少ないと清潔感が損なわれますし、洗濯の回数が多すぎるとひだがなくなってしまうということにもなり兼ねません。
適度な洗濯で、カーテンの形を守りつつ、清潔感を保っていきましょう。

PR|除菌済みの壁紙ならスマシアで|