自分で片付けられる男になるための模様替え

小学2年生の息子が、部屋の片づけが、全くできなかったんです。
毎日毎日「片付けなさい!!」と、怒ってばかりいた時、この部屋、片付けにくいんじゃないかと、ふと思ったんです。
1年生のときに、息子に部屋を与えて、ランドセルをかける場所、教科書をしまう場所、上着をかける場所、集めている妖怪メダルを入れる場所などなど。
必要なものや、大事なものを片付ける場所を考えたのは私でした。
ランドセルをかけるフックは不器用な息子にはかけにくい。ものをしまうそれぞれの場所も、私の背の高さにちょうど良くても、息子には高い位置でした。
そうか!と思って、とにかく、片付けやすい部屋にするために、部屋の模様替えです。
ネットで、DIYの方法をいろいろ検索したら、ディアウォールという商品で、壁一面に、自分で好きなサイズに棚を作れそうでした。
息子の届きやすい場所に、置くものにあわせて、ぴったりのサイズの枠の棚を作ると、どこに何を置くかわかりやすかったようで、ちゃんと戻してくれるようになりました。
ランドセルも、フックにかける方式ではなく、置き場所を決めて、ポンと置くだけにしたところ、帰宅後、しっかりと定位置に置けるようになりました。
手の届きにくい、上の方には、今は使っていないけれど、捨てたくない大切なおもちゃを見えるように並べることができ、息子の持ち物が全て、壁の棚に収まりました。
すっきり、お友達を呼んでも恥ずかしくない部屋になりました。
部屋の模様替えには、使う人の目線で考えなければと思ったできごとでした。