量も大きさも最小限の家具を選ぶことのススメ

例えばソファを買うとき、インテリアショップで商品を見ているとサイズに余裕がある方がゆったりと座れると思って大きなものを買いがちではありませんか?

確かに、家具のサイズは大きい方がゆったりと使うことができますので、悪くはないのですが、インテリア全体の導線やレイアウトを考えると、必要最小限のサイズのものを選ぶ方がインテリアはすっきりとし、導線も確保できてメリットが大きいんです。

最もよくやってしまうのが、ダイニングテーブルをオーバーサイズにしてしまうこと。
私の実家の両親もだいぶ大きめのものを買ってしまって導線が確保できず、後悔していました。

4人家族だとしても、120×90程度のサイズでも十分です。4人で座って夕食を並べると狭く感じるかもしれませんが、食器のサイズや椅子の配置を工夫すれば気にならなくなります。

ダイニングテーブルのサイズを必要最小限にすることで、キッチンとダイニングの導線の幅を十分にとることができ、インテリアの印象もよりすっきりと洗練されたものになります。

もし家具を買い替える予定があるのであれば
必要最小限のサイズのものを選ぶことを検討されてはいかがでしょうか。

PR|失敗しないインテリアの選び方|